Cuisine&Drink

お料理

お客様の笑顔が溢れるフレンチの理由

神戸迎賓館-邸宅レストラン ル・アン-でご提供するお料理は、上品で繊細なモダンフレンチ。
フレンチの王道を継承しつつもどこか「和」を感じさせるのは、鮮度にこだわった地元の食材をさりげなく取り入れるなど、食べる人への心づくしにあふれた日本人好みのやさしい味わいだからこそ。
神戸はフレンチにとって欠かせないものが全て超一流の街。コースの中の一品と思われがちなパンやデザートまで、手抜きが許されない目・口ともに本物を知る神戸マダムたちに支持される秘密は専属のパティシエをはじめとするキッチンスタッフの連携がなせる業です。
お料理をコースでお楽しみいただく意味と意図を全てのスタッフがわかっているからこそご提供できる至福の時間。
少人数様でご利用いただくレストランと大人数様でご利用いただくパーティのお料理にもそれぞれにシェフの工夫がほどこされています。
主旨にあわせたお料理をご提供させていただくことができる、それが本物の「グラン・メゾン」の証だと私たちは考えています。

スペシャリテ

「スペシャリテとはお客様それぞれのお好みによって、
持ち合わせていただけるもの。こちらで決めるものではない。
ただ、ご予約の際に何度もご要望いただくお料理こそが
お客様のスペシャリテ」という豊後シェフ。
それはパーティでも同じこと。
お好みのお料理、デザートでの演出など、
ぜひスタッフまでご希望をお聞かせください。

シェフ

関西フレンチ界をけん引するグランシェフ石井之悠が魅せるフレンチの世界観

シェフ石井が創り出すフレンチの世界観は素材そのものが持つ”味わい””食材が持つ力”を最大限に引き出し、シンプルで分かりやすく一皿に再構築し、食べるほどに味わい深く、心に残る料理です。
元々はフランスの宮廷料理でもあるオートキュイジーヌは、複雑に絡み合う味わいの妙と手の込んだ飾り付けにより目でも舌でも楽しんでいただくものでした。
お皿の上に絵画を描く想いで1皿づつ創られるドレッセは、フレンチが持つ繊細で華やかなもの。色彩の美しさ、香り立つ匂い、食欲をくすぐる刺激…。お腹と一緒に心まで満たされる本物の味わいに出会った時の感動をお楽しみください。

写真

写真

GranChef
石井之悠 Shu Ishii

スイスのグランメゾンで活躍し、帰国後神戸元町で開業。ミシュランと並ぶ2大レストランガイド、「ザガットサーベイ」では、神戸エリア料理部門で4年連続1位を獲得。 2012年1月より、弊社グランシェフに就任。
弊社グループ各会場の料理をプロデュースする傍ら、フランス料理の伝統の継承・発展のために精力的に活動し、関西フレンチの次代を牽引する役割も担っている。

経歴
1979年 レストラン西武専門店事業部「ロスアルコス」入社
1982年 新宿・京王プラザホテル宴会調理入社
1983年 スイス・チューリッヒ「レストランファンベック」入社
1986年 神戸「ブラッスリーレトロ」オープニングシェフ
1988年 姫路「レストラン サンベルジュ」オープニングシェフ
1996年 神戸・元町「ラピエール」独立オープン
2012年 弊社グランシェフ就任

トックブランシュ 西日本副委員長
一日会 大阪3代目会長 現在顧問名誉会長
日本社団法人エスコフィエ協会 ディシプル
ザガットサーベイジャパン 4年連続神戸第一位獲得

ドリンク

パーティに欠かせないアイテムの一つがドリンクアイテム。
乾杯に用いるドリンクから既に演出が始まっています。
シーズンやパーティの主旨に合わせたドリンクメニューのセレクトが大切と
私たちは考えています。

パーティの始まりは美しい泡立ちが楽しめるシャンパンで。
デコレートしたシャンパンを主賓の方にステキな音とともに空けていただくと
華やかなパーティのスタートに相応しい演出ではないでしょうか?

また、社内のパーティでは、コーポレートカラーのカクテルで乾杯も。
神戸迎賓館だからこそ、クラシカルなグラスをプレゼントのひとつとして
ご用意し、乾杯の後はみなさまにお持ち帰りいただくこともお勧めです。

幅広い年齢の皆さまにお楽しみいただけるよう、
多彩なアイテムをご用意しておりますので、事前のお打ち合わせの際、
ゲストの皆さまのご年齢層やご心配な点など、スタッフにお伝えください。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • よくある質問
  • 会場利用例
  • ご利用規約

Copyright © Value Management Inc. All rights reserved.